小説技法、やさしさ、などの役立つ知恵を発信するブログです。

【朗報!】『小説の写本のやる意味とやり方』がAmazonKindleで発売されました!

2018/07/03
 
この記事を書いている人 - WRITER -
 私は愛知県在住の小説家志望の浅岡家山といいます! 四十代の男です。  このブログでは、皆様に役立つ知恵を、色々な形で発信していきます。
詳しいプロフィールはこちら
Pocket

【朗報!】アマゾンのKindleで『小説の写本のやる意味とやり方』が発売されました!

このKindle本は、当ブログの人気記事「【おすすめ】小説家を目指すなら、写本をしないと損ですよ。文章力up、構成力upのための小説の写本のやり方とやる意味」

をさらに学習、研究をし誰でも簡単に確実に文章力、構成力、キャラクター力を伸ばすコツと実践について解説したKindle本です。

六万五千字かけて写本のやり方について書いています。

前記のブログ記事だけでも十分、写本の効果はわかるのですが、さらに研究と改良を重ね、誰でも簡単に確実に小説技法を身に付けられる内容にしました!

ぜひ、ご購入下さい!

内容紹介

 

この本は以下の対象読者に向けて綴られています。

○文章の上達のために何か良い方法はないか探している人
○文章の上達に写本が良いと知り、実践したが効果を感じなかった人
○写本をしてみて効果を感じたがさらに写本について詳しく知りたい人
○そもそも小説とは何をどのように書くものか、わからないという人
○新人賞を目指していて文章力や構成力やキャラクター力を習得したい人
○小説の文章力、構成力、キャラクター力を伸ばしたい人

この本は小説の写本のやる意味とやり方について解説した本です。

本書を読みながら実際に写本をしていくことで、文章を分析的に見ることができる分析眼を身に付けることができるでしょう。
また、文章の質を高める文章力や物語のストーリーを構成する構成力、活き活きとしたキャラクターを生み出せるキャラクター力を身に付けるコツがわかるでしょう。

写本をすることで何が身に付くかというと、その小説の作者がどういう意図を持ってその文章を書いたかという分析する目が備わります。写本をすることで作者になったつもりで文章の書き方や意図を知り、自分で書く時の参考になります。

たとえば写本をしながら「燃える家」のような、動詞の連体修飾法の技術に気付いたり、「好きではないわけではない」のような二重否定の技術を知ったりすることができます。こういう文章技術を知り、執筆練習をしていくことで自分の文章力も上がります。その積み重ねの結果として小説の新人賞受賞につながるでしょう。

また写本には、文章力を上げる以外にも効果があります。

たとえば写本をしながら、作品の中で仕込まれている伏線や謎がどういう風に書かれているかその場面を知ることができますし、それは構成の理解につながります。そしてその理解は自分で作品を作るときの参考になります。

こういう風に写本は色々な効果があるのですがときどきネットで「写本には効果がない」という意見が見受けられました。

 なぜ効果がないのか?

どうして写本をしても効果がないという人がいるのか? それは、きっと参考になる人が身近におらず、導きがないため写本の意味がよくわからず、ただひたすら写すことだけに集中したからでしょう。

たとえば原稿用紙に字を埋めることにのみ熱中していたり、字を写すことだけに充実感や達成感を覚えたり、埋めた原稿用紙を見て制覇した気持ちになったり。そういう意味のない感情に縛られたため効果がなかったのです。そして写本には効果がないとネットで広言したのだと思います。

大切なことは写すことに達成感を持つのではなく、分析ができたことに達成感を持つことです。それが写本の楽しさであり学びであり長く続けられるコツです。

プロの小説家さんたちはどんな文章にも意図や目的があり、言葉を選んで書いています。小説の文章は、適当に書いた文章ではなく、一字一句まで推敲を重ねて考え抜かれた文章です。

写本をするということは練り上げられた作者の文章の意図を見抜く作業といえます。それは自分が作者になったつもりで写本をして文章を分析する行為です。この分析する目線のことをこの本では分析眼と名付けます。

 写本には二通りのやり方がある

写本にはおおまかに分けると二通りのやり方があります。一つはパソコンに打ち込んでいく方法で、もう一つは原稿用紙に鉛筆で写していく方法です。

パソコンに打ち込む方法は比較的新しい方法だといえます。パソコンが普及して、二十年ぐらいになりますが、過去にはワープロやタイプライターしかなく実践する人が少なかった方法です。歴史は浅いですがパソコンがあればいくらでもできるので、現在の主流になっている方法だと思います。

この方法はパソコンで打ち込みながら、主に小説の構成や文章の特徴に気付くのに有効です。また写しながら文章単位の分析、単語単位の分析、日本語文法の品詞による分析、日本語文法の文分析による分析などバリエーションがあるのが特徴です。

もう一つの方法である原稿用紙に鉛筆で写していく方法は、主に原稿用紙の使い方や文章のリズムなどが身につきます。これは手を使って写していくことで体を使って覚える効果があります。

てっとりばやく文章力を上げたい場合は、原稿用紙に鉛筆で写していく写本をするのがいいでしょう。

また、どちらの方法も分析眼を身に付けるのに有効ですがとくにパソコンに打ち込む方法のほうが、効果があると思います。

この本では写本の具体的なやり方、分析眼の身に付け方、分析眼の活かし方を紹介していきます。

 

Kindle本『小説の写本のやる意味とやり方』の目次

目次

この本の対象読者
この本を書く動機
写本をしてプロの文筆家になろう!
なぜ効果がないのか?
写本には二通りのやり方がある

第一章 写本をやる意味

どういう小説家さんの本を写本するといいか?
没している小説家さんの作品を選ぶ
それでも存命な小説家さんたちの作品を写本したい場合
代表的な没している作家さんの一覧
写本する小説家さんを選ぶ上で大切なこと
どのくらい写本するといいか?
写本とは何か?
文章の精読と分析眼
分析眼を身に付けるとどうなるか?
分析眼を確実に身に付ける方法
まとめ

第二章 写本のやり方

パソコンの写本による文章単位の精読のやり方
写本と精読のやり方
気付いたことはどんどんメモをする
パソコンの写本による文章単位の精読の練習問題
独習 その一
パソコンの写本による単語単位の精読のやり方
分析ができない人のための対処法
単語単位の精読のやり方
パソコンの写本による単語単位の精読の練習問題
独習 その二
パソコンの写本による日本語文法の品詞を使った精読のやり方
パソコンの写本による日本語文法の品詞による精読の練習問題
日本語文法のお勧めの本
独習 その三
パソコンの写本による日本語文法の文分析を使った精読のやり方
パソコンの写本による日本語文法の文分析による精読の練習問題
独習 その四
原稿用紙に鉛筆で写していく写本のやり方
まとめ

第三章 分析眼を創作にどう活かすか 分析眼を使って文章力、構成力、キャラクター力を伸ばす方法

分析眼で文章力を伸ばす方法
盗作との違い
文章単位の精読によりプロとアマの文章を見比べてプロの構造や工夫を吸収する
練習問題一
単語単位の精読によりプロとアマの文章を見比べてプロの構造や工夫を吸収する
練習問題二
日本語文法の品詞や文分析の精読によりプロとアマの文章を見比べてプロの構造や工夫を吸収する
練習問題三
自分なりの文体の作り方
分析眼で構成力を伸ばす方法
分析眼でプロとアマの伏線の張り方と回収の仕方を見比べて、プロの小説家の構成の構造や工夫を吸収する
練習問題四
分析眼でプロとアマの謎の出し方と謎の解明を見比べて、プロの小説家の構成の構造や工夫を吸収する
練習問題五
その他の構成について
作品のテーマを分析眼で分析する
分析眼でキャラクター力を伸ばす方法
分析眼でプロとアマのキャラの立たせ方を見比べて、プロの小説家の構成の構造や工夫を吸収する
練習問題六
その他のキャラの立て方について
気付いた構造(メモ)を習得して活用する方法

あとがき
おくづけ

良い本なので、ぜひお買い上げ下さい!

今日はここまで!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Pocket

この記事を書いている人 - WRITER -
 私は愛知県在住の小説家志望の浅岡家山といいます! 四十代の男です。  このブログでは、皆様に役立つ知恵を、色々な形で発信していきます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 浅岡家山ブログ , 2018 All Rights Reserved.