小説技法、名言、人間に優しい社会などの、役立つ知恵を発信するブログです。

優しさはタイミングが大切

2018/05/18
 
この記事を書いている人 - WRITER -
 私は愛知県在住の小説家志望の浅岡家山といいます! 四十代の男です。  このブログでは、皆様に役立つ知恵を、色々な形で発信していきます。
詳しいプロフィールはこちら
Pocket

こんにちは。浅岡です。女性は優しくされるのが弱いと言われていますが、では、簡単にできるかというと、なかなか難しいです。そのなかでもタイミングが一番、難しい。

今日は「優しさはタイミングが大切」について話しましょう。
記事を読むのが億劫という方は動画をどうぞ。内容は記事と同じです。

優しさはタイミングが大切

優しさというのは、相手が優しくして欲しいと思っているときにすると、とても強いプラスの効果になります。優しさに飢えているわけで、それを満たしてくれた人には、自然と感謝の心がわくでしょう。

たとえば、お腹が空いているときほど、食べ物が美味しいみたいな感じですね。

誰でも欲しいものを与えてくれる人には好感を覚えるものだし、自然と相手の行動に感謝の気持が湧きます。プラスの関係だといえます。

逆に、優しくして欲しくないときに、優しくするとマイナスの効果になります。優しさが必要ないわけで、余計な行為になります。

たとえば、誰でも満腹の時は、食べものを出されても食べたいと思えず、苦しいだけみたいな感じです。

求めていないときに優しくされても面倒だし、独りよがりになってしまい、関係が微妙に悪くなります。マイナスの関係だといえます。

ここからわかるとおりプラスの関係を維持していくにはタイミングがとても大切だといえます。相手が優しさを欲しているときにタイミングよく優しくすることで、良い関係を築けます。

タイミングは恋愛にも通じる

タイミングについては、恋愛に似ていると思います。

恋愛は、相手との愛の交換から出来ています。

初めは知らない者同士だった二人が、知り合い、共通点から話題が膨らみ、仲が深まり、さらに仲良くなりたいからとデートに誘い、お互いをさらに知ります。そして、本当に必要な人だと思うなら、告白し、上手くいけばカップルになります。さらに相手に愛を与え、自分も相手から愛を貰う。その繰り返しの中で自分のトラウマや辛い過去を癒すことになります。

そういうプラスの関係を作って行くにはタイミングが大切です。相手の恋愛感情が高まっているときに告白できるかどうか、相手の状態を見計らう冷静な眼が必要です。タイミングが全てといってもいいかもしれません。告白する方も、受け入れる方も覚悟が必要です。その覚悟こそがタイミングなのです。

タイミングを見計らう方法

どうしたら上手くタイミングが計ることができるかというと、相手の心がわかると一番いいと思います。でも、そう簡単にはわからないものだから、それに準ずる方法を紹介します。

相手に質問をする

あまり良くない方法ですが相手に質問をするという方法があります。僕のこと、どう思っているの? とか、今、優しさが欲しいとか? とか、さぐりを入れるように質問をします。この方法は、相手が興ざめさせることもあり、あまり良い手ではないです。でも、気心の知れた人同士なら、使えないこともないので覚えておいて下さい。

相手からの影響で見抜く

次に効果があるのは、相手の表情を読んだり、仕草から心理状態を読み解く方法です。

相手の目がいつも自分を見ているとか、瞳が潤むことが多かったり、顔を赤らめることが多くなったり。そういう仕草から恋心が芽生えていることを察知しましょう。

ポイントは、相手から受ける自分の状態です。たとえば、顔を赤らめた相手と会うと、自分も何故かドキドキしたりします。相手の心情に自分も、身体の反応が起きるのです。そういう状態なら相手の心理も自然とわかると思います。以心伝心でしょうか。

相手が女性ならではの方法

次の方法は、恋人や夫婦の間で使う方法です。それは、相手が女性ならその女性の生理周期を読み解くといいです。イライラしている時期や独り寝が寂しい時期などがわかります。

相手の置かれている状況から類推する

最後の方法は、相手の状況から心理を読み解く方法です。相手の置かれている状況を話しておいて、そこから何を欲しがっているかを類推します。仕事や勉強が忙しければ労るのもいいでしょう。できるだけ相手の状況を把握するのがポイントです。

タイミングの本質は、感情の動き

ここまで、優しさのタイミングの取り方について書いてきました。このタイミングの本質は、感情の動きだと思います。焦りや不安から起きたタイミングで優しさをしても失敗するでしょう。相手に対する愛情があり、相手のために優しさの行動をしようとすれば、結局、うまくいくと思います。たとえ、相手が望んでいなくても、とりあえずは感謝の言葉が貰えるはずです。

大切なことは、優しさの本質は愛ということです。相手のことを想い、相手のために行動する。自分本位ではなく相手本位に行動することです。そうしていけば、多少の失敗があってもなんとかなるでしょう。

今日はここまで!

Pocket

この記事を書いている人 - WRITER -
 私は愛知県在住の小説家志望の浅岡家山といいます! 四十代の男です。  このブログでは、皆様に役立つ知恵を、色々な形で発信していきます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 浅岡家山ブログ , 2018 All Rights Reserved.