小説技法、名言、人間に優しい社会などの、役立つ知恵を発信するブログです。

【自立心がある人は優しくされる】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
 私は愛知県在住の小説家志望の浅岡家山といいます! 四十代の男です。  このブログでは、皆様に役立つ知恵を、色々な形で発信していきます。
詳しいプロフィールはこちら
Pocket

こんにちは。浅岡家山です。

最近は優しさについて探求しています。このブログでどしどし発表していきますね。

今日も人に優しくされる方法について書いていきましょうか。

ブログを読むのが億劫な人は動画をどうぞ! 内容はブログと同じです。

自立心がある人が優しくされる

女性に多いと思いますが、他人に悩みを相談することって、けっこうありますよね。でも男性と違うのは、女性の場合、問題が解決するかどうかよりも受け止めてもらえるかどうかが大切だったります。男性の場合は、すぐに答えを求めます。

女性の場合、ここに問題があって、他人に不安を聞いてもらいすぎる、他人に寄りかかりすぎる人がけっこういます。

私は女性のグループが長続きせずに破綻するのは、話を聞き役の人が耐えきれなくなって、他人にばらして問題になったりそのグループから逃げ出すからだと思います。

悩みを共有すると聞き役の人も悩むし、それで問題が解決するならいいのですが、ただ重荷を持たされるだけで一向に変わらないのでは嫌になりますよね。聖人君子はいないわけです。自分は痰壺ではない! となります。

だから自立心を持つことって大切だと思います。

自立心のある人は、不安をどうするか

自立心のある人は、問題が起きたら自分で考えて自分で解決するように行動するでしょう。そして、本当に困ったときは、カウンセリングなり占いなりを自分から受けにいくと思います。自分で自分を救う道を選ぶんですね。

これとは逆に、他人に頼りすぎる人は問題が起きたらすぐに他人に相談しようとします。とにかく重荷を他人と共有して楽になろうとするわけです。それだと常に聞き役の人が必要になり、自分の脚で立つことができなくなります。そうすると、人間関係のバランスが崩れて最後は破綻します。

他人と長く仲良くしていくなら、ほどほどに話を聞いてもらい、感謝のお礼をするなど節度が必要です。そういう相手への節度がないためにバランスが崩れるのだともいえます。自立心のある人なら節度があって、バランス感覚もいいと思います。

どうしたら自立心が身に付くか

じゃあ、どうしたら自立心が身に付くかなのですが、自分の欲しているものがわかり、それを手に入れるための努力ができる人が自立心がある人だと思います。自分の欲求がわかり、それを得るためにはどうしたらいいかを考えて行動できる人は、自立心があって努力が出来る人です。自分の人生を自分で作っていける人です。当たり前のことですが、それが出来ない人はけっこういます。

ポイントは自分の欲求なのか、それとも他人の欲求なのか、その違いを知ることでしょうね。子供の頃良い子だった人ほど、自分の欲求ではなく親の欲求を叶えるために行動してしまいます。他人に依存しやすい人ほど自分の人生ではなく、親のための人生を送ってしまいます。子供の頃は若いからそれがよくわからず努力するのですが成人になるころには、我慢できなくなり摂食障害などの病になったりします。他人の欲求を叶える行動って楽しくないんですよ。

そういう人が自立心を身に付けるにはカウンセリングなどを受けながら自分の欲求を満たすために考えたり、努力をして心も身体も強くしていくといいと思います。ヨガとか太極拳とか何でもいいので身体を強くするものしていけばストレスにも強くなるし、本当の自分の欲求が見えてくるんじゃないかなと。もともとヨガは心と身体のバランスを整えるのに向いたものですし。

まとめ

だから自立心を身に付けるには自分の欲求を認めることから始めればいいと思います。そして、その欲求を叶えるために努力していけば良い流れに乗って自分を回復させる道に乗れていけるでしょう。

今日はここまで!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Pocket

この記事を書いている人 - WRITER -
 私は愛知県在住の小説家志望の浅岡家山といいます! 四十代の男です。  このブログでは、皆様に役立つ知恵を、色々な形で発信していきます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 浅岡家山ブログ , 2018 All Rights Reserved.